【成功率アップ】告白のセリフ

5.告白編

告白はその女性と過ごしてきた時間を総まとめするものです。変に格好つけずに好きという気持ちをストレートに伝えましょう。きっと喜んでくれるはず。

でも、いざ言葉にしようとするとスッキリとしないですよね。

彼女との思い出を少し思い出してみて、そこからキーワードを探してみましょう。

告白するセリフの流れ

  1. ありがとうを伝える
  2. 出会ってからキミの〇〇を見て好きになった
  3. これからも一緒に〇〇していきたい
  4. キミが好きです!付き合って下さい!

1分以内を目安に伝えましょう!

1番伝えたいのは「好き」という気持ち

告白する時は「キミが好きだ!」という気持ちをシンプルに伝えましょう。

今までの思い出をペラペラ喋ってしまうとその場の雰囲気が緩んでしまいます。彼女も「告白される」という気持ちで構えてますので、必要以上に長引かせないようにしましょう。

「好き」に少しだけ装飾を

「好き」という気持ちを少しだけ具体的にしてあげましょう。彼女の「どこ」に惹かれたのかを考えてみましょう。

ここで一つ注意点があります。絶対に「内面・性格」を伝えましょう。髪型や顔、服装はいくらでも変化する事ができますし、他の女性と同じものに出来ます。

もし、キミが外見が好きなのであれば、「綺麗でいようと思っている彼女の努力する姿」を好きになったのではないでしょうか。

また、いつの間にか「好き」になっている場合もありますが、必ず理由があります。

例えば

  • 子どもと遊んでいる「無邪気な姿」
  • 疲れてない?寒くない?などの気づかいができる「優しさ」
  • 勉強や仕事、運動などを「一生懸命に頑張る姿」

など、「彼女だからこそ刺さる魅力」をしっかりと伝えてあげましょう。

付き合った先の未来を想像させる

もし付き合えたら「キミと〇〇したい」と伝えてあげましょう。今までのデートの延長線にあるものを想像したら考えやすいです。

  • 一緒に旅行に行きたい
  • 一緒に美味しいお店の食べ歩きしたい
  • 一緒にスポーツ観戦がしたい
  • 一緒に漫画やゲームをしたい

など、「今までもこれからも」楽しいお付き合いがしたいと伝えてあげましょう。

告白の時は恥を捨てろ!

今まで言ったことが無いようなキザなセリフでも、本当に思っているのであれば伝えましょう。ちょっと保険をかけて、あやふやで曖昧なセリフでは彼女たちの心は動きません。

告白はキミも彼女も「お互い真剣」です!恥を捨て、後悔しないようにすべてを出し切りましょう!

コメント